将来の希望を考える

システムエンジニアの働き方はいろいろある。
雇用された企業の中で、システムエンジニアとして働くのが一般的なイメージだろう。
しかし、通常は会社にいながら、客先に出向いて短時間から2日間ほど仕事をする場合がある。
これはシステムのプログラムなどの仕事を受注した場合、新しいシステムの導入時やエラー発生時などトラブル対応など一時的なものだ。
いくつかの担当顧客先を回るのが多い傾向にある。

そして近年増えてきているのが、客先常駐と呼ばれる働き方だ。
顧客の会社に出勤して、そこの社員と同じように働くといった勤務になる。
同じ会社の中で働いてはいるが、違う会社の人間といった少し複雑な立ち位置になるのだ。
勤務時間や休暇などは他の人と変わりがないが、給料や待遇は違ってくる。
会社によっては懇親会や飲み会といった場合に一線を引かれることもあり、少々難しい職場もあるようだ。
この客先常駐の場合、自分にとってのメリットは低くなるだろう。
その会社に常駐している間は、スキルアップもキャリアアップもあまり期待できないからだ。
働く期間が長ければ長いほど、将来に不安を感じる働き方になってしまうだろう。
年齢が若く、またこれからの仕事に対して具体的な希望や要望がある場合は、早い段階で客先常駐から脱出することを考えた方が良いかもしれない。
また反面、いろいろな仕事をしてきてこれ以上のスキルアップもキャリアアップも望んでいない人には、変化がない代わりに安定した働き方になることも考えられる。
自分にとって良い働き方を考えるのが、最善の方法だろう。