脱出することも大事

今のIT業界は少子高齢化さらには中核を担っていた団塊の世代の定年が重なり、深刻な人手不足が続いている。
特にIT技術者は求めに対して必要数が集まらず、大企業になるほどその傾向は高まり、IT業界発展時と同様の状態と言えるだろう。

そしてこの時に大企業が行いだした対策が、社員からすると厄介極まりない客先常駐だ。
簡単に説明すれば、企業同士で社員の貸し出しを行うことで派遣と考えてもいいが、自分で選択するのではなく上層部に決められる不条理さがあるのだ。
常駐エンジニアとして出向を命じられた場合、一度や二度なら外部の現場を知ることで経験となり、将来的に独立を目指しているなら決して悪くはないだろう。
しかし何度となく続くようならその状況から抜け出すことを考えた方がよく、IT業界の発展時に同様の立場となった技術者の多くはストレスを抱えて心身を壊す傾向にあり、同じような立場になると予測される。
客先常駐の問題点は複数存在していて、本来エンジニアはプロジェクトチームのリーダー格として同僚をまとめる役割を果たすが、常駐の場合は上からの命令を受けて業務を行うだけになる。
そのためスキルアップの機会が失われ、さらには正当な評価を得られずキャリアアップもできない傾向にある。
客先常駐が続くようなら、自分と将来を守るために抜け出す対策を考える必要が出てくる。
対策を考えるうえでいい参考になりそうなのが、実際に客先常駐からフリーランスに転向を遂げた人が運営している『客先常駐からの脱出計画』というホームページだ。